★ 

オタク記事&萌え記事

 ★
★ 

オタクの遊び場

 ★

現在スマフォ向けゲームの攻略を中心に提供しております♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • ネット小説
  • FREECGI
  • ゴミ雑記
  • オタク遊戯
  • 懐遊戯他
--☆INFORMATION☆--
2016年11月20日【日】14時11分09秒
【(*´ω`*)】インターネット声優養成所!
2015年3月25日【水】14時17分20秒
【(*´∇`*)】ガチャ確率計算スクリプトで必要なお金を計算!
2014年11月5日【水】23時20分23秒
【(*´∇`*)】確率収束診断スクリプトを作成しました!
2013年11月4日【月】19時47分49秒
【(*´∇`*)】秋華塾始めました。
2013年1月7日【月】16時12分36秒
【(*´ω`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Amazon】任天堂のゲームをチェックしよう!
【Amazon】アニメDVDをチェックしよう!
【Amazon】Appleの最新iPhoneをチェック!
政治経済雑記&秋華サイト情報はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★

夢と現実の区別がぁ!夢の中でもやっていた!

2013年12月23日【月】11時07分41秒
また夢の話である。
私はベッドのすぐ横に、メモ用の紙とペンを置いている。
置いていると言うか、吊るして寝たままでもメモができるようにしているのだ。
使い方はこんな感じ。
まず布団に入ったまま、体を右に向け横向きに寝る。
左手の先をふとん右側から出して、そこに吊るしてある懐中電灯を掴みボタンを押して電気を付ける。
右手の先も出して、そこに吊るしてあるシャープペンを手に取る。
横向きなので、ボールペンでは書けないことが多い。
だから此処はシャープペンだ。
そのままの状態で、ベッドのすぐ横に置いてある台の側面に吊るしてあるメモ台帳に、懐中電灯で手元を照らしながらそのままの体勢で書く。
何故こんなことをしているかというと、ネタのアイデアというのは、寝ている時に思いつきやすいのだが、一晩寝ると忘れてしまう。
それを忘れない為にメモをとるわけだ。
それで昨晩もネタを思いついた。
私は布団に入ったまま、懐中電灯を手に取る。
しかしボタンを押してもしっかりと電気がつかない。
どうやら懐中電灯の寿命がきたようだ。
私は必死になんとかしようとしたが、懐中電灯は完全に沈黙し、部屋は真っ暗になった。
私は予備の懐中電灯のことを考えたが、寒くて布団からでたくないので、気が付けば諦めていた。
そして今朝、私は再びネタを思いついた。
というか、昨晩思いついたものと同じだが、今度は昨晩とは違った何かを感じた。
私は懐中電灯を手にとってボタンを押した。
するとあっさりと電気はついた。
そういうことか。
昨晩の行動は、どうやら夢だったらしい。
夢の中でネタをメモしようと必死になっていたようだ。
なんてこった!
こうして私は、この夢のことをメモに追加するのだった。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
 ■最新タブレットPCをチェック! あの新製品安くなっているかもね!

Ver.5.00 CGIフリー配布サイト