★ 

オタク記事&萌え記事

 ★
★ 

オタクの遊び場

 ★

現在スマフォ向けゲームの攻略を中心に提供しております♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • ネット小説
  • FREECGI
  • ゴミ雑記
  • オタク遊戯
  • 懐遊戯他
--☆INFORMATION☆--
2016年11月20日【日】14時11分09秒
【(*´ω`*)】インターネット声優養成所!
2015年3月25日【水】14時17分20秒
【(*´∇`*)】ガチャ確率計算スクリプトで必要なお金を計算!
2014年11月5日【水】23時20分23秒
【(*´∇`*)】確率収束診断スクリプトを作成しました!
2013年11月4日【月】19時47分49秒
【(*´∇`*)】秋華塾始めました。
2013年1月7日【月】16時12分36秒
【(*´ω`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Amazon】任天堂のゲームをチェックしよう!
【Amazon】アニメDVDをチェックしよう!
【Amazon】Appleの最新iPhoneをチェック!
政治経済雑記&秋華サイト情報はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★

【乖離性ミリオンアーサー攻略】アーサー別に私のデッキ作成方法!

2015年5月6日【水】19時20分09秒
【傭兵編】

①ウアサハ情報を見て、だいたいのデッキをイメージする。

敵の属性の確認と、物理攻撃や魔法攻撃が効く敵かを確認する。
此処で、主な攻撃属性と、物理か魔法剣かを判断する。
個人的には、物理攻撃が通用するのなら、物理傭兵にこだわりたい。

②実際にカードを入れていく。

まず、攻撃バフカードを4枚デッキに入れる。
できるだけ低コストで、複数ターンに効果が有る方が使いやすい。
次に敵の弱点を突ける属性のアタッカーを6枚入れて基本は完成。
4コスト以上のアタッカーは1枚以下に抑えて、できれば0枚が理想。

③HPの調整をする。

挑戦する難易度からある程度の必要HPを判断し、足りなければタンクカードと入れ替えるなりして確保する。
できれば同種のカードで入れ替えられれば良いが、無理でもできるだけ同じような効果が期待できるカードにする。
最悪使用しないつもりで、一番効果が期待できないカードを抜いて、タンクカードを入れることになる。
超弩級や、妖精の超級なら25000以上を目標に組む。

④実際にクエストに挑戦したり、情報を集めて調整する。

特別な条件を満たさなければならないクエストがある。
たとえば、特定のターン、特定の部位に決められたダメージを与えなければならないなど。
その為に必要なカードを入れて、同種の効果が小さいカードを抜くことになる。
4コス目に大ダメージを出さなければならない場合、バフにクラッキーを入れていても使えない。
これをサカグレ等に代えて調整する。

【富豪編】

①ウアサハ情報を見て、だいたいのデッキをイメージする。

敵の属性を確認し、攻撃カードの属性を決める。
バフが通用するのか、物理か魔法、どちらで攻撃してくるのかも分かれば助かる。

②実際にカードを入れていく。

まず、敵の属性に対して最も効果的なアタッカーを2枚入れる。
オンズと聖オルを入れる。(攻撃バフカードを2枚)
敵の攻撃に合わせたバフカードを、ドロー+1の枚数を意識しながら入れていく。
ドロー+1(+2も含む)を最低5枚以上になるようにする。
全てのカードを見て、4コスト以上のカードは2枚以下に抑える。

③HPの調整をする。

調整の仕方は概ね傭兵と同じ。
アタッカーかオンズを抜いても良い。
富豪の仕事は防御バフとドロー撒きである。

④実際にクエストに挑戦したり、情報を集めて調整する。

ターン毎にある程度撃ちたいカードの候補を考える。
多く候補になり得るカードが他に残っているのなら、候補が少ないカードと入れ替える。
特定ターンに限って使用するカードはなるべく少なめに。

【盗賊編】

①ウアサハ情報を見て、だいたいのデッキをイメージする。

敵の属性から攻撃属性を決める。
デバフが通用するのか、敵の攻撃は物理なのか魔法なのか、その辺りも分かれば良い。

②実際にカードを入れていく。

春ウサを入れる。
デバフが通用するのなら、ガレス(エル)を入れる。
なるべく低コストの攻撃用カードを2枚入れる。
敵の攻撃にあったデバフカードをとにかく入れる。
物理ならアンシー、赤ダマ、魔法ならハルダー、ローエンを入れる。
両方ならとりあえず、赤ダマとローエンを入れる。
サカパシなどの攻撃バフカードを1枚入れる。
弱ウサを入れる。
後1枚か2枚は、サンタ、オンズ、アンシー、ハルダーから選んで入れる。

③HPの調整をする。

調整の仕方は概ね傭兵と同じ。
HPが足りない場合、最後の候補辺りから1枚タンクカードに代えるなりして確保する。
同系のカードで入れ替えできるのならそちらの方が良い。

④実際にクエストに挑戦したり、情報を集めて調整する。

デバフ枚数が足りているのか、攻撃カードが足りているのか、足りていないところを増やし、多いところを減らす。
他の職との兼ね合いから、バフ系カードの入れ替えも行う。
魔法剣傭兵が主流なら、サカパシを抜いてサッカー先生を入れるなど。

【歌姫編】

①ウアサハ情報を見て、だいたいのデッキをイメージする。

攻撃は必要なのか?バフは物魔どちらがいいのか?或いは両方なのかを考える。
チェイン色を決める。

②実際にカードを入れていく。

とりえあえず攻撃が必要そうなら1枚入れる。
攻撃バフは1枚か2枚入れる。
残りは全体回復中心に、回復バフが3枚以上になるようにカードをいれていく。
此の時、チェイン色を意識してカードを選ぶ。
勝負どころで使えるチェイン色のカードを1枚は入れておく。

③HPの調整をする。

調整の仕方は概ね傭兵と同じ。
歌姫はHP確保が比較的楽なので、あまりこの調整は意識しなくていいだろう。

④実際にクエストに挑戦したり、情報を集めて調整する。

敵の実際の攻撃から、そのターンに必要な回復カードを計算しデッキを組み直す。
概ね現在の流れでは、3コスソロ回復カードはあまり使えない。
基本は全体回復を中心に、2コスのソロ回復カードをどれくらい入れれば良いかを考える感じになると思う。
攻撃バフも撃つタイミングが作れそうにないなら、コストが低いカードに入れ替えたり、最悪抜いても良い。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
 ■最新タブレットPCをチェック! あの新製品安くなっているかもね!

Ver.5.00 CGIフリー配布サイト