★ 

オタク記事&萌え記事

 ★
★ 

オタクの遊び場

 ★

現在スマフォ向けゲームの攻略を中心に提供しております♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • ネット小説
  • FREECGI
  • ゴミ雑記
  • オタク遊戯
  • 懐遊戯他
--☆INFORMATION☆--
2016年11月20日【日】14時11分09秒
【(*´ω`*)】インターネット声優養成所!
2015年3月25日【水】14時17分20秒
【(*´∇`*)】ガチャ確率計算スクリプトで必要なお金を計算!
2014年11月5日【水】23時20分23秒
【(*´∇`*)】確率収束診断スクリプトを作成しました!
2013年11月4日【月】19時47分49秒
【(*´∇`*)】秋華塾始めました。
2013年1月7日【月】16時12分36秒
【(*´ω`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Amazon】任天堂のゲームをチェックしよう!
【Amazon】アニメDVDをチェックしよう!
【Amazon】Appleの最新iPhoneをチェック!
政治経済雑記&秋華サイト情報はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★

【乖離性ミリオンアーサー攻略】デッキコントロール術!ドローカードを操作しよう!

2015年2月5日【木】10時39分38秒
自分で何度もプレイしデータをとったわけではありませんので絶対だとは言えませんが、デッキにはある法則があるようです。
それは、デッキのカード(山札)が無くなりドローできない時に、使用したカード(捨て札)を山札に戻すということです。
手札に無いカードがランダムで選ばれると思っている人も多いですが、そうではありません。
だから、同じ敵に対して続けて戦っている場合、3回連続で同じカードを切ることは不可能となります。
チアリー等3ステージ有る場合は、ステージが変わるごとに山札はリセットされ、手札は5枚に戻ります。
故に同じカードを3回連続で出す事もありえます。

この事を知っていれば、何コストまでにどのカードを手元に持ってこられるか計算できます。
たとえば『A』のカードは、毎ターン1枚使用の1枚ドローで8コスト目(6ターン目)までには必ず引いてこられます。
その後、そこまでに使ったカードが山札に戻り、9コスト目からドローするので、この時の捨て札は6枚ですから、そこまでに使った特定のカードは、14コスト目(12ターン目)までには必ず引いてこられる計算になります。

これを頭にいれておけば、デッキを回転させてプレイする時、必要なカードを必要なターンまでに手元に引き戻す事が可能です。
おそらくですが、帰化型ニムエを持っている盗賊なら、その辺り考えてプレイしていると思います。

たとえば現在来襲中のウィンドドラゴン超弩級攻略を例に説明しますと‥‥
まず前提条件として、富豪は5コスト以降必ず、全員ドロー+1のカードを出してくれるとします。
ウィンドドラゴンは、4コスト目と8コスト目に強力な全体魔法攻撃をしてきます。
そこで盗賊としては、そのターンに効果を発揮するように、魔法攻撃デバフカードを2枚ずつは使用したいですね。
しかし現在ガチャ限定カードを抜きでデバフできるカードは3枚です。
つまり1枚足りないわけで、8コスト目までに引き戻す必要があります。
そこで盗賊としては、このような感じでゲームを進めようと考えます。

③コスト目(1ターン目)
新春シグルーン
④コスト目(2ターン目)
第二型バーナード
⑤コスト目(3ターン目)
新春型歌姫アーサー と 聖夜型ニムエ
⑥コスト目(4ターン目)
華恋型ペリアス と 卑弥呼

これで6コスト目までは、2枚以上の防御系カードが効いており、次のターン8コスト目にかかるようにハルダーフォークを出せば良い感じですね。
デッキは6枚使用したらリセットされる(前提条件どおりで、手札5枚キープができていれば)ので、⑦コスト目のドローは、残りの最後の1枚と、新しいデッキ(⑥コスト目までに使用した6枚のカード)から1枚引く事になります。
そして⑧コスト目は更にそこから2枚引くわけで、⑥コスト目までに使ったカードの内3枚を8コスト目までに引き戻す事ができます。
その3枚の中にデバフ用カード、新春シグルーンか第二型バーナードがある確率は80%で、かなりの確率で8コスト目にデバフが撃てるわけです。
更にもっと理想的な形もあります。

③コスト目(1ターン目)
ハルダーフォーク
④コスト目(2ターン目)
新春シグルーン
⑤コスト目(3ターン目)
新春型歌姫アーサー と 聖夜型ニムエ
⑥コスト目(4ターン目)
華恋型ペリアス と 第二型バーナード

⑥コスト目に、⑧コスト目に効果がかかるようにバーナードを撃てれば、95%の確率で3枚の内1枚のデバフカードを引き戻せます。

このように、必要なターンに必要なカードを引き戻せるよう、ある程度の理想系を考えてプレイすることができます。
しかし偶に困る自体もありますけれどね。
富豪のドロー撒きが切れる場合です。
最近、全体ドロー+2のカードがでてきたことから、たとえば⑥コスト目にドモヴォーイ、⑦コスト目に華恋型ブリーセンと出す人がいます。
これをされると、⑦コスト目に新しい山札が生成されず、次に新しい山札ができた時には、合計8枚になってしまいます。
95%引き戻せるはずが、64%にまで落ちてしまいます。
だから後で帳尻を合わせるにしても、ドローが切れると困る事になるわけですね。

このように、デッキはある程度コントロールして、必要なカードをドローすることが可能です。
だから、少なくとも序盤の流れだけは、ある程度先に計算しておくと楽です。
もちろん毎回理想通り事が運ぶなんてことは無理ですので、それに凝り固まった考えではいけません。
ドローを撒いてくれない富豪もいれば、必要に迫られて他のカードを切る事態にもなりえます。
ただ、このようにある程度はコントロールできますので、頭にいれておくと戦いやすいということですね。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
 ■最新タブレットPCをチェック! あの新製品安くなっているかもね!

Ver.5.00 CGIフリー配布サイト