★ 

オタク記事&萌え記事

 ★
★ 

オタクの遊び場

 ★

現在スマフォ向けゲームの攻略を中心に提供しております♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • ネット小説
  • FREECGI
  • ゴミ雑記
  • オタク遊戯
  • 懐遊戯他
--☆INFORMATION☆--
2016年11月20日【日】14時11分09秒
【(*´ω`*)】インターネット声優養成所!
2015年3月25日【水】14時17分20秒
【(*´∇`*)】ガチャ確率計算スクリプトで必要なお金を計算!
2014年11月5日【水】23時20分23秒
【(*´∇`*)】確率収束診断スクリプトを作成しました!
2013年11月4日【月】19時47分49秒
【(*´∇`*)】秋華塾始めました。
2013年1月7日【月】16時12分36秒
【(*´ω`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Amazon】任天堂のゲームをチェックしよう!
【Amazon】アニメDVDをチェックしよう!
【Amazon】Appleの最新iPhoneをチェック!
政治経済雑記&秋華サイト情報はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★

【 #ゲーム 攻略 】乖離性ミリオンアーサーを止めた理由!他のゲームも!

2016年4月16日【土】12時14分15秒
先日、乖離性ミリオンアーサーを止めた。
面白いゲームなので1年以上続けていたが、そろそろ潮時だと思えたので即アンインストールした。
今日はその理由を書こうと思う。
一応言っておくがこれは批判ではない。
ただ、何かを止める時に運営から『止める理由をお聞かせください』なんてことがよくあるので、最低限これくらは伝えておいた方がいいのではないかと思ったから、単純に止めた理由を書くものである。

その前に、ミリアサ以外のゲームについても書いておこうと思う。

【ドラゴンポーカー】
止めるきっかけは、育成がより面倒になるからだった。
しかし止めようと思った本当の理由は、運営からユーザーに楽しんでもらおうという気持ちが伝わってこなかったから。
カジノダンジョンはどうなったのだろうか。

【モンスターストライク】
通知がウザかったので止めたのは以前に書いた通り。
その後通知を消す方法を知ったので再び始めようかと思ったが、引継ぎを最後にしていなかったので復帰できなかった。
引継ぎをした時の状態のまま残るなんて知らなった。

【ガンダムコンクエスト】
これも通知がウザかったので止めた。
最近一番復帰したいゲームであるが、コロニー施設の育成が面倒なので復活を諦めた。
もう町とか施設の育成要素があるゲームはやりたくない気持ちが強い。

【魔法使いと黒猫のウィズ】
ガチャでのアタリが思った以上に出なくて止めた。
この頃はまだまだソシャゲに課金も考えていた時期だが、これでは無理だと悟った。
ガチャが嫌いになったきっかけかもしれない。

結構頑張ってやっていて止めたゲームはこれくらいかな。
それではミリアサについて語ろうと思う。
ミリアサは、始めた頃とにかく面白かった。
『萌え豚用ゲーム』と聞いていたが、関係なく面白いと感じた。
まだまだこれから面白くなる要素があるし続ける事にした。
しかし続けていて、どうも今以上に面白くはならない。
面白くなりそうな要素は増えるのだけれど、どうもそれを活かしきれない感じだった。
それでも整理されてくればと思っていたので続けた。
結局1年以上経った今でも整理されるどころか益々ごちゃごちゃし、頭がついていかずに止める決心をした。

そもそも私には無理のあるゲームだった。
時間割は苦しかったし、やらされている感のあるゲームは真面目にはやりにくい。
しかしこのゲームはマジでやらないとゲームについていけない。
最低限続けられる1枚アーサーという手もあるが、これを続けていて面白くなっても、いざマジでやる時にはリハビリが必要だ。
私は最近ほぼ1枚アーサーだった。
だからもう頭はゲームについて行けていなかった。
そこに新ボスのメイヴは、ちょっと行動が複雑で何をしていいのか考えられなくなっていたのだ。
数学の問題を解く時、最低限公式や考え方が分かっていてこそ解くのが面白い。
しかし私は既に公式も考え方も忘れてしまっていたのだ。
授業についていけなくなったら授業が面白くなくなる、そんな感じだ。

私がこのゲームに期待しすぎたのがそもそもの間違いだった。
やはりこのゲームは『萌え豚用ゲーム』だったのだ。
ゲームの運営会社は、会社全体で経営戦略を立てる。
社内ゲームで競合しても意味はない。
だからおそらく客層を分けて開発運営しているものと思う。
このゲームは、元々コアなオタク層から多くの課金を引き出す為のものだったのではないだろうか。
会社が売り上げを取るには二つの方法がある。
一つは客数を増やす。
しかし客数には限界があり、だったら客単価を上げられる所ではそちらに注力した方が会社としては儲かるのだ。
つまりミリアサは、元々万人ウケするゲームを作ってユーザーを増やす事よりも、少数の廃課金者向けゲームとして作られていたという事。

それでも期待を捨てられずここまでダラダラ続けていたけれど、1枚アーサーももう限界。
今後もしかしたらという気持ちはあるけれど、サービス開始からここまでを見ていたら、そもそも私の期待する方向とは違うと判断した。
そんなわけで止めた。

おそらく、乖離性とか拡散性とか関係なく、ミリアサ自体が好きな人にとっては良いゲームだと思う。
ただ私はキャラとかそういうものにほぼ全く思い入れが無かった。
これはミリアサファン用のゲームだったのだ。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
 ■最新タブレットPCをチェック! あの新製品安くなっているかもね!

Ver.5.00 CGIフリー配布サイト