★ 

オタク記事&萌え記事

 ★
★ 

オタクの遊び場

 ★

現在スマフォ向けゲームの攻略を中心に提供しております♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • ネット小説
  • FREECGI
  • ゴミ雑記
  • オタク遊戯
  • 懐遊戯他
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分00秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2016年11月20日【日】14時11分09秒
【(*´ω`*)】インターネット声優養成所!
2015年3月25日【水】14時17分20秒
【(*´∇`*)】ガチャ確率計算スクリプトで必要なお金を計算!
2014年11月5日【水】23時20分23秒
【(*´∇`*)】確率収束診断スクリプトを作成しました!
2013年11月4日【月】19時47分49秒
【(*´∇`*)】秋華塾始めました。
2013年1月7日【月】16時12分36秒
【(*´ω`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Amazon】任天堂のゲームをチェックしよう!
【Amazon】アニメDVDをチェックしよう!
【Amazon】Appleの最新iPhoneをチェック!
政治経済雑記&秋華サイト情報はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★

【乖離性ミリオンアーサー攻略】初心者の為のデッキ構築改訂版!( ´ ▽ ` )ノ

2015年2月25日【水】11時10分07秒
前回、デッキ構築の方法を書いたが、あれから少し時が流れて変化もあるので、少し書きなおしてみようと思う。

【以前の攻略記事】
【乖離性ミリオンアーサー攻略】初心者の為のデッキ構築!( ´ ▽ ` )ノ

以前に書いたのも概ね間違ってはいないので、合わせて読んでいただければと思う。

まず、デッキ構築で最初に意識しなければならないのは、その攻略クエストにどれくらいのHPが必要かである。
その目安として、初ターン、或いは2ターン目にどんな攻撃があるのかが重要になることが多い。
たとえばドラカ超級なら、初ターンに物防無しだと、最低24000の攻撃を喰らう可能性がある。
となると、それ以上の24001以上をキープしておかなけば問答無用にやられてしまうわけで、その辺りを必須HPと考えるのが妥当だ。
セイントキメラなら、腕の必殺を止めても、24300のダメージを喰らう可能性があるので、こちらは当然24301以上のHPを確保するのが最低条件となるのだろう。
その辺りを意識してデッキを作ることが大切である。

次に意識しなければならないのは、攻撃カードの属性である。
敵の弱点を突けない攻撃カードは、有用な効果(タンクカードとしての役割も含む)が無い場合、デッキに入れることは無意味だ。
敵が闇属性なら、火属性や氷属性の攻撃カードを入れる意味はないので、デッキには入れないようにしよう。
後は役割に応じたカードをデッキに入れるわけだが、その時、似たようなカードのどちらを入れようか迷ったら、敵の弱点属性に合わせたカードの方がチェインしやすいので、そちらを優先するのが良い。
もちろん、補助カードにチェインしやすいカードを選んだほうが効果的ならそちらを選択する場合もある。
要するに、迷ったらチェインを意識してカードを選ぶのもいいということだ。

他にも、攻略対象に合わない全体攻撃を沢山デッキに入れている人がいるが、全体攻撃は攻略に必要性がない場合は入れない方が無難だ。
攻撃すると反撃してきたり、強い攻撃をしてくる敵がいる。
全体攻撃をむやみに使うとパーティーの足を引っ張る。
逆に攻撃が必要な場合もあるが、その場合はソロアタックでも対応できるわけだし、攻略が分からないうちは全体攻撃は入れない方が無難である。

さてここまでは共通に心掛けることを書いたが、此処からは職別に書きたいと思う。
それぞれに役割があるので、当然同じようにデッキ作成はできないからね。

【傭兵】
攻撃しダメージを与えるのが此の職の役割だ。
HP確保は当然だが、とにかく敵の弱点を突ける属性の攻撃カードを沢山いれよう。
後は攻撃力をアップするカード、そして他では手が回らない場合に多少の補助系カード(デバフ等)を入れてもいい。
重要なのは、とにかく敵に大きなダメージを『毎ターン』与えられるようにすることだ。
後は当然クエストによって必要な要素もあると思うので、それを満たすようにデッキを構築する。

【富豪】
ドローを撒き、防御を固めるのが役割だ。
だから『全員ドロー+』のカードは最低デッキに5枚はいれよう。
後は敵の攻撃に合わせて、物防や魔防カードを沢山入れよう。
攻撃用カードは2,3枚あれば良い事が多い。
攻略に合わせて数を調整すればオッケーだ。

【盗賊】
魔法での攻撃と敵の攻撃をデバフするのが仕事。
基本は、傭兵ほど攻撃に特化する必要はないし、富豪ほど守りに特化する必要もないが、当然攻略対象によって変わってくる。
妖精ドラカのような防御破壊をしてくるような敵には、守りとしてデバフが重要になってくる。
こういう敵に対しては、富豪よりも盗賊が守りに力をいれないといけない。
クエストによって柔軟に攻守のバランスを考えてデッキを作成しよう。

【歌姫】
とにかく回復は最低限できるようにデッキを組んでいこう。
そこにクレア(味方の攻撃を強化するカード)があれば現状問題はない。
攻撃カードは概ね不要だ。
回復は、それぞれのターンにどんな回復カードが必要か考えてデッキを作成しよう。
初ターン、強力な単発攻撃を2回行ってくる敵に、4コスト目、3コスト単発回復は使えず、2コストの単発回復が多く必要となる。
全体攻撃の後は、強力な全体回復が必要だ。
そういったことを考えてデッキを作成できれば問題ない。


とりあえず書いてみたが、本当ならもっと色々考えるところはあるだろう。
でも概ねこの辺りを意識しておけばそれなりにデッキは組めるはずだ。
最低これくらいは考えてデッキを作ってもらいたいというラインだと思っていただければと思う。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
 ■最新タブレットPCをチェック! あの新製品安くなっているかもね!

Ver.5.00 CGIフリー配布サイト