★ 

オタク記事&萌え記事

 ★
★ 

オタクの遊び場

 ★

現在スマフォ向けゲームの攻略を中心に提供しております♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • ネット小説
  • FREECGI
  • ゴミ雑記
  • オタク遊戯
  • 懐遊戯他
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分00秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2016年11月20日【日】14時11分09秒
【(*´ω`*)】インターネット声優養成所!
2015年3月25日【水】14時17分20秒
【(*´∇`*)】ガチャ確率計算スクリプトで必要なお金を計算!
2014年11月5日【水】23時20分23秒
【(*´∇`*)】確率収束診断スクリプトを作成しました!
2013年11月4日【月】19時47分49秒
【(*´∇`*)】秋華塾始めました。
2013年1月7日【月】16時12分36秒
【(*´ω`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Amazon】任天堂のゲームをチェックしよう!
【Amazon】アニメDVDをチェックしよう!
【Amazon】Appleの最新iPhoneをチェック!
政治経済雑記&秋華サイト情報はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★

【 #パズドラ 攻略】ゲームで勝っているパズドラがセールスでモンストに負けている理由を考えてみた!

2016年11月5日【土】13時50分26秒
パズドラがモンストにゲームで勝っていると思っているのは私の主観です。{笑}
ご了承ください。
でも最初の頃は売り上げもパズドラが勝っていたわけですし、どちらも分かりやすくスマホにあった手軽なゲームだったわけで、その差をつけていたのはゲームそのものの面白さだったと私は判断しています。

まあそういうわけなんですよ。
ゲームではパズドラの方が面白いと思っているわけですよ。
しかしセールスでは完敗しているわけで、それは何故なのかを考えてみました。

まず、プレイヤー層を4つに分けます。
①重課金でプレイ時間も多い人。
②重課金だがプレイ時間が取れない人。
③無課金微課金だがプレイ時間は多い人。
④無課金微課金でプレイ時間も少ない人。

さて、ここで大切なのはどの層でしょうか。
私の考えを言うと、④以外全てですね。
④も、無課金で暇な時にちょっとだけ立ち上げてゲームをするだけの人以外は、当然ですが全く意味が無いとはいえません。
ただ普通のゲームなら、この層は意識しなくてもやる人はやるって事です。
モンストもパズドラもスマホ向けゲームとしての評価は高く、どちらも何もしなくてもこの層は取り込めるのです。

問題は①~③に対してどう扱っているかです。
これらはどれも重要です。
①や②は当然の事ながら、③は宣伝効果や競争に絶対に必要です。
ユーチューバーが収益を上げて、それをガチャに使えるのも③がいるおかげです。
③がいなくなれば①や②も当然減るわけで、これらはどれも欠かせません。
それでもあえて収益を上げる為に大事にするとしたら、それは①や③ではなく②だと私は考えます。

何故そう考えるかというと、こういう人はマイペースでやって、それに対して相応以上のお金を払ってくれるわけです。
純粋にゲームを楽しみ、楽しめなければお金も払わずゲームもしません。
本来のゲームの評価は、おそらくこういう人の評価になると思うのです。
しかもスマホ向けゲームですから、そもそものターゲットはこういう人なのです。
こういう人を取り込む事が出来たから、スマホ向けゲームはヒットしたのです。

そこでモンストとパズドラを比べてみるとハッキリと分かります。
パズドラが概ね①を重視したゲームに対し、モンストは②を重視したゲームと言えます。
システムの分かりやすさや、無駄な要素が極力削られています。
パズドラは最前線で戦おうと思っても、課金しただけではなかなかそこまでたどり着けません。
相当な廃課金をすれば可能かもしれませんが、ハイパーにするまでにどうしても時間が必要となってしまうのです。
しかしモンストはシンプルで分かりやすく、時間を必要としません。
全く必要がないわけではありませんが、パズドラと比べると雲泥の差です。

課金ゲームでよく言われている事があります。
課金は時間を買うものだと。
これはそういう事なんですね。
②を取り込む為にそうしているわけで、そうではない方向に進んだパズドラがモンストに負けてしまうのも当然だったのです。
もちろん、それが間違いだと言っているわけではありません。
②を捨てて経費をかけず長く利益を上げるのも経営戦略と言えば間違いではありません。
廃課金者だけを重視して続ける経営戦略は、小さなゲーム会社ならどこもやっている事です。
ただそれをすると、トップにはなれないという事でしょうか。

パズドラが徐々にばら撒きを始めているのは、①を重視しそれを維持する為に、③を繋ぎとめる必要があるからでしょう。
既に②は切っています。
よっぽど何か画期的なアップデートが無い限り、少なくとも今の方向性を維持したモンストには勝てないと思います。
勝てる要素があるとしたら、ゲーム自体は勝っている(私の主観)という部分だけです。
もちろん、今からマイナス面を改善し、②にもやさしいゲームにすればいずれ逆転できるとは思いますけれどね。

具体的に言えば、育成の面倒さの解消と、システム面での分かりやすさです。
これにエンドコンテンツがしっかりしてくれば、余裕で逆転できると思います。
育成を楽にして①や③を維持する為には、良いエンドコンテンツが必要ですからね。
ただ、一度離れたユーザーが戻ってくる事は難しいです。
特に最初から始めるのは苦痛です。
データが残っていれば別ですが、多少時間はかかるでしょう。

だいたい前から言っている事ですが、ゲームで金を払って苦労を買う人は普通はいません。
レベル上げの苦労の末、敵を倒して喜びを得るのは分かりますが、その苦労も金で買うとか意味が分からないですよね。
スキル上げをするのにはスタミナを何度も回復する必要があり、普通の人はそんな所に金はかけないのです。
ただ誰かに『俺つぇー!』をする為に払っているのです。
金をかけただけでそれができない場合、金をかける人が少なくなるのは当然ですね。

とはいえ、パズドラが駄目なゲームだと言っているわけではありません。
トップクラスのセールスがあるわけで、それはそれだけ認めている人がいるという事です。
素晴らしいゲームである事は間違いありません。
ただ、それ以上のモンストと比べるとどこが劣っているのかって話ですよ。
そしてその部分を改善しろとか言っているのでもありません。
経営戦略は色々あって、私はそれを否定する立場にありませんから。
ただ、一ユーザーとしてはより楽しみたいので、文句も言えば改善の希望もありますけれどね。{笑}

まとめとしては、スマホ向けゲームでより上を目指すのなら、ゲーム時間は少ないけれどそれなりに課金する人をどれだけ取り込めるゲームにするのかがカギとなるでしょう。
これはあくまでトップクラスのゲームでの話ですが、パズドラはそのレベルにあるゲームです。
叶うのならトップのゲームになってくれると嬉しいです。
パズドラが好きなユーザーとしてはね。

ちなみにモンストも当然ですが良いゲームですよ。
スマホ向けゲームで手軽に遊びたいと思うのなら、売り上げの高いゲームから選べば間違いないですね。
課金して好みを選ぶのなら、色々試してみるしかないでしょうが。
私が今まで面白いと感じたゲームは、モンストやパズドラ以外では、ドラポ、ミリアサ、ガンダムコンクエスト、ドリスピ、白猫、その辺りですかね。


モンスターストライク
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
 ■最新タブレットPCをチェック! あの新製品安くなっているかもね!

Ver.5.00 CGIフリー配布サイト