★ 

オタク記事&萌え記事

 ★
★ 

オタクの遊び場

 ★

現在スマフォ向けゲームの攻略を中心に提供しております♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • ネット小説
  • FREECGI
  • ゴミ雑記
  • オタク遊戯
  • 懐遊戯他
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分00秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2016年11月20日【日】14時11分09秒
【(*´ω`*)】インターネット声優養成所!
2015年3月25日【水】14時17分20秒
【(*´∇`*)】ガチャ確率計算スクリプトで必要なお金を計算!
2014年11月5日【水】23時20分23秒
【(*´∇`*)】確率収束診断スクリプトを作成しました!
2013年11月4日【月】19時47分49秒
【(*´∇`*)】秋華塾始めました。
2013年1月7日【月】16時12分36秒
【(*´ω`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Amazon】任天堂のゲームをチェックしよう!
【Amazon】アニメDVDをチェックしよう!
【Amazon】Appleの最新iPhoneをチェック!
政治経済雑記&秋華サイト情報はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★

【ソーシャルゲーム】正しい?スマフォゲームの楽しみ方!( ´ ▽ ` )ノ

2014年10月21日【火】18時36分23秒
色々なスマフォ向けゲームをやっていて思ったことがある。
どのゲームも始めた頃は結構面白いのに、行きつくところまで行くと面白さが半減する。
決して飽きているとかではないと思うし、そう表現するには違和感を覚える。
では何故面白さが半減するのか。
それは、新たなコンテンツ待ちになり、やる事が育成のみになってしまうからだ。

ゲームの序盤は、育成と攻略が並行しており、無理なく常に新しいステージへ挑戦できる。
しかし徐々に育成が必要になり、最終的にはほとんどが育成時間、そしてほんのわずかな攻略時間を楽しむものになるわけだ。
そこまでくると、もう最初の頃のようには楽しめない。
でも今までやってきたことがあるから辞められないし、やはり攻略は面白いからやりたい。

上級者に初めからゲームをするように勧めても、多くはもうやりたくないという。
最初の頃が面白かったのに、何故やりたくないのだろうか。
それは、2回目以降は『最初から育成』が主なゲームになってしまうからである。

そこで私が提案する楽しみ方は最初無課金、はまれば課金である。
まず、どんなゲームか分からない間は楽しめるので、無課金で頑張る。
課金して楽しい時を一気に進めたらもったいない。
じっくり楽しむのである。
そしてある程度行きつくと、新たなコンテンツ待ち状態になる。
そこで選択するのだ。
続けるのか続けないのかを。
今までは無課金で楽しませてもらった。
辞めても失うものはないのだから、辞めるのは簡単。
ただ続けるとなると、今後は苦労もあるだろう。
と言っても普段はやることが育成しかないわけだから、そんなに難しい話ではない。
課金で育成を省略できれば、後は新コンテンツを楽しむだけになる。
無課金でも、毎日少しの育成で時々攻略を楽しむ程度にすれば、十分ゲームが楽しめる。
そこまでくればどうするか選択して、後は新たな別のゲームを探すのだ。
今までやってきたゲームは新コンテンツだけを楽しめばいいだけだから、基本的に時間は必要ない。

ゲームの多くは、行きつくまでが楽しい。
そしてそれ以上はだいたい課金が必要になってくるわけだが、楽しめる部分は少ない。
だったら、美味しいとこ取りでいいのではないか。
行きついた先が面白いなら課金すればいいし、それまでは無課金でも楽しめるのだからじっくり楽しめばいい。
こうしていくつかのゲームで新コンテンツを楽しんでいれば、いつも何かしら楽しめて退屈もしないだろう。

とある掲示板のスレを見ていると、新たなコンテンツが少ないことに文句を言っている人がいる。
確かにそのゲームだけをしていたら退屈に感じるだろう。
でも、相当な売り上げがないと、プレイヤーを退屈させないだけのコンテンツを提供し続けていくことは無理だと思う。
だから一つのゲームに集中せず、色々やれば良いのだ。
色々やって時間が足りなければ課金すればいい。
それくらいのスタンスでやるのが、おそらく一番楽しめると私は思う。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
 ■最新タブレットPCをチェック! あの新製品安くなっているかもね!

Ver.5.00 CGIフリー配布サイト