★ 

インデックス

 ★
★ 

オタクの遊び場

 ★

現在スマフォ向けゲームの攻略を中心に提供しております♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • ネット小説
  • FREECGI
  • ゴミ雑記
  • オタク遊戯
  • 懐遊戯他
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分00秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2016年11月20日【日】14時11分09秒
【(*´ω`*)】インターネット声優養成所!
2015年3月25日【水】14時17分20秒
【(*´∇`*)】ガチャ確率計算スクリプトで必要なお金を計算!
2014年11月5日【水】23時20分23秒
【(*´∇`*)】確率収束診断スクリプトを作成しました!
2013年11月4日【月】19時47分49秒
【(*´∇`*)】秋華塾始めました。
2013年1月7日【月】16時12分36秒
【(*´ω`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Amazon】任天堂のゲームをチェックしよう!
【Amazon】アニメDVDをチェックしよう!
【Amazon】Appleの最新iPhoneをチェック!
政治経済雑記&秋華サイト情報はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★

ギャルゲーについて語る

※この記事は、2007年12月26日に書いたものです。


今日は、萌えの代表、むしろ萌えを生み出したと言ってもいい「ギャルゲー」について書こうと思う。
最近のギャルゲーは、一昔前の、ただ攻略するだけ、でも無く、はたまた、ただのエロゲー、でも無くなってきている。
いや既に、そんなゲームとは、一線を引いて、別ジャンルになっている。
エロゲーとギャルゲーは、もう別ものだと考えて欲しい。
で、今日はギャルゲーについて話すわけだが、まず言いたいのは、ギャルゲーは、面白いという事だ。
私は今までに30タイトル以上をプレイしているが、おそらく10タイトル以上で泣いてしまっただろう。(笑)
いやマジ、冗談抜きで。
ギャルゲーは、基本的には制作が簡単な事から、だいたいアドベンチャーゲームである。
その選択肢により、いろいろな展開を見る事ができる。
昔流行った、アドベンチャーブック以上の展開が待っているのだ。
なに?アドベンチャーブックを知らない?
説明すると、本のページの最後に、選択肢があり、その選択肢により、ページを移動して読み進める本だ。
冒険ものが多く、アイテムや通ったルートによって、強制的に選択させられる場合がありなかなかスリリングな話を、感じながら読めるわけだ。
まあそれが、女の子と仲良くなる事メインで始まったのがギャルゲーで、今では多くの展開と、数種類の感動物語を、感じられるゲームになったのだ。
そして、その感動物語が、それはもうなかなか良くできているのだ。
ギャルゲーのくせに、訴えたいテーマなんかも、それは嫌と言うほど見えて、涙なくしては見られない、いや、プレイできないものになっている。
今、深夜放送に放送されているアニメの多くに、ギャルゲー出身アニメがある。
それだけでも、ギャルゲーの話がしっかりしている事がわかるだろう。
しかしそれは、極一部に過ぎないのだ。
たとえば有名どころだと、D.C~ダ・カーポ~がある。
ダカーポはヒットして、ゲームも何種類も出ている。
最新はダ・カーポⅡで、これも既にアニメになり、週末に最終回だ。
私はこのゲームの2タイトルしかプレイしていないが、攻略対称2人の話で泣いた。
一つは、アニメでも主軸にしている話だが、ロボットと人間をテーマにした話だ。
お互い憎しみあうが、愛でそれを打倒するみたいな話。
私では上手く表現できないが、とにかく感動できる。
もうひとつは、記憶についてをテーマにしたものだ。
人は忘れられる幸せと、覚えていられる幸せがあるって話。
忘れて頭が悪いとか、覚えている方が良いとか、それよりも普通が一番みたいな。
これもかなり感動した。
それでも、これよりも感動するギャルゲーは、実は腐るほどあるのだ。
このゲームが認められたのは、偶々なのか、それとも宣伝の妙なのかわからないけど。
少なくとも認められるだけどクオリティはあったわけで。
でもこれ以上も多々あるわけで。
だから是非、食わず嫌いをしている人も、一度プレイしてみる事をお奨めする。
私が、ホームページで使わせていただいている、オーガストのゲームもアニメになっている。
このメーカーの話は、感動よりも面白いが多かったが、プリンセスホリデーのトータルエンドの話は、最後震える感動が有った。
地球がダメになり、遠く離れた星で生まれ育った主人公。
地球との距離を考えると、移動するだけで45年の時間差があり・・・
まあとにかく主人公は、地球にいくわけだが、ついた時に今までの仲間に通信を送るのだけど、その時はきっと45年たっているわけで。
さらに通信が届く時間を考えれば、通信が届いた時には、おそらくみんな死んでいる。
それでも通信を入れるあたり震えた。
その後の展開にも、唖然として感動した。
アレは名作だったなぁ。
他にも、月は東に日は西に、略して「はにはに」も感動で泣けた。
特に従妹が死の病気になるところなんて、ホント泣けたね。
他の話も、どれもよくできていたし、かなりのめり込みました。
他のメーカーももちろん面白いのが沢山あるけど、上げていたらきりがない。
それでも軽く上げると、「ToHeart」「遥かに仰ぎ麗しの」「ラムネ」「委員長は承認せず」「ライクライフ」「なないろ」「みらろま」「夏恋」「ピース@ピーシーズ」「シャッフル」「ウィズアニバーサリィー」「秋色恋華」「こんな娘がいたら僕はもう」「それは舞い散る桜のように」「ナツメグ」「さよらなエトランジュ」「スクールプロジェクト」「ぶらばん」「ゆきうた」「愛キュート君に恋してる」等。
まあざっと上げただけでこれだけある。
他にも面白いのが有ったような気もするが、今思い出せるのはこれくらいか。
これほどまでに多数のタイトルが有り、毎月必ず名作が生まれているギャルゲー。
これをプレイせずに、私はヲタクだとはなかなか言えるものではない。
ああ、女性は女性で、萌えの視点が逆だから、それはなんとも言えないが。
でもきっと面白いと思う。
私にギャルゲーを最初に勧めてきたのは、実は女性友達だから。
あの頃はギャルゲー話で盛り上がり、カラオケでギャルゲーソングをみんなで歌ったものだ。
それが今では当然のごとく世間に知れ渡り、アニソンを歌ってるつもりが、実はギャルゲーソングだったり。
秋葉原を歩けば、多数の店の店頭には、ギャルゲーギャルが待ちかまえている。
まあ、そういう事だから、プレイしたこと無い人は、一度プレイする事をお奨めする。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
 ■最新タブレットPCをチェック! あの新製品安くなっているかもね!

Ver.5.00 CGIフリー配布サイト