★ 

インデックス

 ★
★ 

オタクの遊び場

 ★

現在スマフォ向けゲームの攻略を中心に提供しております♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • ネット小説
  • FREECGI
  • ゴミ雑記
  • オタク遊戯
  • 懐遊戯他
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分00秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2016年11月20日【日】14時11分09秒
【(*´ω`*)】インターネット声優養成所!
2015年3月25日【水】14時17分20秒
【(*´∇`*)】ガチャ確率計算スクリプトで必要なお金を計算!
2014年11月5日【水】23時20分23秒
【(*´∇`*)】確率収束診断スクリプトを作成しました!
2013年11月4日【月】19時47分49秒
【(*´∇`*)】秋華塾始めました。
2013年1月7日【月】16時12分36秒
【(*´ω`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Amazon】任天堂のゲームをチェックしよう!
【Amazon】アニメDVDをチェックしよう!
【Amazon】Appleの最新iPhoneをチェック!
政治経済雑記&秋華サイト情報はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★

GⅠ攻略法 中級編

2007年末の有馬記念、マツリダゴッホが勝ったレースだが、このレースは5番人気馬との組み合わせによる万馬券だった。
初級編だけでは的中できなかったレースだ。
それでも私が的中できたのは、ジンクスによる考えを取り入れていたからだ。
ジンクスと言うと、迷信だし気持ちの問題だと敬遠されるかもしれないが、実はジンクスとは、そういった場面を多く体験した事によるものだから、確率だとも言えるのだ。
そう、こんな馬がこんな時よく来るなんてジンクスは、実はそれは確率的には本当なのだ。
だからジンクスを当てはめる事ができる場合は、初級編で言った組み合わせ以外にも、ジンクスでの組み合わせも買ったり、もしくは2番人気の組み合わせを除外して、ジンクスでの組み合わせを買う事になる。
ではそのジンクスを今から紹介する。
まずよく言われるのが、名前によるジンクスだ。
たとえば2007年の有馬記念なら、優勝馬は「マツリダゴッホ」だ。
有馬記念とは競馬の祭典で、言わば祭り。
だから少し気にしなければならない馬であったのだ。
たとえば2006年の天皇賞。
「ダイワメジャー」が勝ったのだけど、その何日か前に、松坂大輔がメジャーに行くことが決定していた。
大はメジャー。
単なる偶然ではあるが、こういう事は頻繁に起こるのが競馬なのだ。
有馬記念を勝った「ダイユウサク」。
漢字で書けば、「大有作」で、大きな有馬記念を作ると読める。
名前どおりメジロマックイーンを破って、大波乱を起こした。
それぞれのレースによって視点も変わるし、社会情勢やニュースが関連してくる事もあるから判断は難しいが、予想としても結構楽しめる。
まあ基本は、そのレースにある名前のジンクスだけ判断してやるのが良いだろう。
更には、全てに共通するジンクスも存在する。
それが、同じ文字列が含まれる馬だ。
2007年有馬記念では、2着にダイワスカーレットが入ったが、実は兄のダイワメジャーも出走してた。
名前に同じダイワが含まれる2頭の馬。
こんな時は、どちらかが連に絡む事が多い。
そしてこのジンクスにはある程度の裏付けも有ったりする。
同じ冠名を付けている馬は、馬主が同じ場合が多い。
持ち主が一緒だって事だ。
その場合、どういう事がおこるかと言うと、作戦を事前に知ったり、お互いの邪魔はしないように気を付けてレースをするわけだ。
だからどちらかが連に絡む確率が上がるわけだ。
今回はそれでダイワスカーレットから流したわけだけど、その理由は上級編で話そうと思う。
名前によるジンクスはまだある。
名前に何か期待がもてる場合だ。
たとえば「ゴールド」や「ゴールデン」なんてのがついてる馬は、万券を出しやすく、1番人気との組み合わせで万券なら、必ず多めに押さえたい。
後は名前以外のジンクスって事になるのだけれど、それはデータと言っても良い。
中山が得意な馬、京都に強い馬、休み明けが得意な馬、裏付けがとれない場合でも、それはジンクスとして信用しても良いだろう。
「マツリダゴッホ」も中山に強くて、有馬記念を勝った。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
 ■最新タブレットPCをチェック! あの新製品安くなっているかもね!

Ver.5.00 CGIフリー配布サイト