★ 

インデックス

 ★
★ 

オタクの遊び場

 ★

現在スマフォ向けゲームの攻略を中心に提供しております♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • ネット小説
  • FREECGI
  • ゴミ雑記
  • オタク遊戯
  • 懐遊戯他
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分00秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2016年11月20日【日】14時11分09秒
【(*´ω`*)】インターネット声優養成所!
2015年3月25日【水】14時17分20秒
【(*´∇`*)】ガチャ確率計算スクリプトで必要なお金を計算!
2014年11月5日【水】23時20分23秒
【(*´∇`*)】確率収束診断スクリプトを作成しました!
2013年11月4日【月】19時47分49秒
【(*´∇`*)】秋華塾始めました。
2013年1月7日【月】16時12分36秒
【(*´ω`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Amazon】任天堂のゲームをチェックしよう!
【Amazon】アニメDVDをチェックしよう!
【Amazon】Appleの最新iPhoneをチェック!
政治経済雑記&秋華サイト情報はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★

アニソンオタク=アニメオタク?

アニソンオタクは、結局アニメオタクだ!みたいなスレで、アニソンオタクでもそうでないのもいるし、音楽が好きだ!
なんて議論をかわしていた。
そこで持ち出されたたとえで、好きな曲が、そのアニメではなくて、たとえばMステで誰かが歌っていたなら、好きになったか?なんてあった。
結論を言えば、そうなった曲もあれば、それでは好きになれなかった曲もある。
だったら結局アニメオタクなんだってなるけど、でも実際はそうでない人を私は知っている。
ああ、まあ私なんだけど。(笑)
私は元々、普通の歌謡曲が大好きだった。
1週間の中で確実に見るテレビ番組は歌番組だけで、全ての曲を録音して聴いていた。
だからその頃の流行曲は全てわかる。
それくらい歌謡曲が好きだった。
反面、アニメはほとんど見ていなかった。
食事時に、親と一緒に見ていたものくらいで、特に見ようと見ていたものは少ない。
そんなある日、友達の家に遊びに行くと、アニメソングをガンガンかけていた。
そこで私は目から鱗だ。
世の中には、こんなに良い曲もあるんだ、こんな面白い曲もあるんだという事を知った。
まああの頃、アイドルブームで、テレビで見る歌手の曲って、レベルが低いのが多かったのかもしれない。
それで私はアニソンオタクになった。
ラジオで徹底的にアニソンを録音しては聴いた。
もちろん、JPOPも良いのがあれば録音して聴いていた。
でも割合的には、圧倒的にアニソンが多かった。
そして、アニソンから名前を知った歌手のアルバムを買いまくった。
それで、すっかりアニソンオタクになったわけです。
で、アニソンをガンガンならしていた友達の家に行けば、一緒にアニメを見る事も多くなって、後付でアニオタにもなったわけですけどね。(笑)
一時アニソンオタクやめてましたが、その間は、CMソングオタクとか、音楽番組で見た歌手で良いのを見つけたら、その人の曲とかアルバムを買っていた。
結局、アニメ1本には集中できなかった、
中途半端なアニソンオタクなんですが・・・(汗)
でもまあ、mp3プレイヤには、ほとんどアニソン、少しゲーソンとJPOPみたいになってるから、やっぱりアニソンオタクなんですけどね。
では何故、好きな曲がそのアニメの曲じゃなければ、好きになれなかったのもあるかと言うと、そのアニメのテーマソングである為に、共感しやすかったりするんだと思う。
たとえば、JPOPが良い曲だと言うには、歌声、歌詞、メロディ全部が、もしくはその多くが良い場合に良いと感じる。
かなり条件が厳しいのだ。
しかしアニソンは、陳腐なメロディでも、そのアニメの雰囲気にあっていれば良いと思えるし、現実離れした歌詞で共感できなくても、そのアニメにあっていれば感動する。
ようは評価が甘くなるのだ。
では、アニソンはJPOPに劣るのかと言えば、そうでは無い。
最初に書いたとおり、アニメの主題歌でなくても好きになれる曲も多いし、そうでない曲でも、そのアニメの為に作ったと考えれば、高いクオリティを感じられる。
更に主題歌でなくても好きになれる曲にこそ、私がアニソンファンである所以である。
それはJPOPにはない、それ以上の良さを見つけているのだ。
それが遊び心と面白さだ。
売れる曲を作らなければならないJPOPだと、なかなか冒険した曲はつくれない。
無いわけではないが、作ってしまうと、その歌手やバンドの方向性やキャラになりかねないから、難しいのだ。
それでもその変なキャラや歌い方を売りにしてる人もいるから、それで好きになってる歌手もいる。
たとえばジッタリンジンとか川本真琴ね。
そこそこ人気にはなったけど、トップを維持するパワーは流石に無くなるよね。
でもこれらの人が、アニソン歌手だと言われても、雰囲気的には理解できそうだと思う。
実際歌ってたか。
まあそういう事なのです。
アニソンファン=アニメファン では無いって事ですね。
アニソンファンとは、売れる事を目的に、完璧に近い曲を目指して作られた曲より、自由度の高い中で作られた曲の方が好きって事かな。
曲を聴きすぎて、飽きてるのかもねぇ。
ちょっと変わった旋律とか好きだし、遊び心満載の面白い曲もね。
でも普通に、「そばにいるね♪」とか、聴いた瞬間、これは今年のレコタイだろ~って思ったし、大好きだよ。
結局何が言いたかったんだ?(笑)
結論。
アニメソングファン=アニメファン では無いけど、そういう人が多い事は認める。
アニメソングファンは、音楽が好きなんじゃない!なんて事もない。
そゆことです♪
ああ、こんな事かいてたら、昔録音したテープ、聴きたくなったなぁ~
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
 ■最新タブレットPCをチェック! あの新製品安くなっているかもね!

Ver.5.00 CGIフリー配布サイト